効果的な勉強方法

社労士の資格取得のための勉強は予備校などで学ぶことが出来るのですが、試験を受けるのは自分です。そのため効率的な勉強法を実践して合格を目指すことが大切です。
まずは基礎です。条文や事例など基礎的なものを学んで知識を増やしていきます。ある程度知識を理解する頃ができれば過去問を解いて過去の出題形式や問題をしっかりと把握します。
過去問でしっかりと過去の問題の形式を確認することができればあとは模試です。実際の試験と同じ流れで試験の流れに慣れておき、本番でも集中力を切らすことが無いようにしっかりと練習します。… Read more

試験の基本情報

社労士の資格を習得するために多くの人が予備校に通いながら学んでいることが多いのですが、試験の基本的なシステムを理解してから試験本番を迎えなければいけません。
社労士の試験は毎年8月の第4日曜日に行われています。毎年1度しか行われていませんので、落ちてしまうとまた1年間待たなければいけません。そのためプレッシャーも大きいのですがその分試験に集中することができます。
試験の出題形式は選択式と尺一式があり、午前80分、午後210分の合計290分間で試験が行われます。試験時間が長いので集中力を持続させるために何度か事前に試験と同じ時間で過去問を解いて時間に慣れることが大切です。
Read more

試験前に行う模試

社労士の資格を取得するために重要とされているのが模試です。模試を受けることによって実際の試験を受ける感覚で自分の理解度をチェックすることができます。
予備校の場合は一緒に学んでいる仲間と一緒に受けることになりますので、他の人よりも成績が良ければ嬉しくなりますし、反対に成績が悪ければもっと頑張ろうという気持ちになり、より勉強に身が入ります。
模試を行うときに重要なのが、自分が間違えたところをしっかりとチェックして、なぜ間違ったのか、そうすればこのようなミスを無くすことが出来るのかといった点を見直すことです。… Read more

効率的な勉強法

多くの人が社労士の資格を取得するために勉強をしているのですが、多くの人は予備校に通いながら勉強しています。一人でテキストを購入して勉強する人もいるのですが、多くの人は予備校に通って学んでいます。
予備校の最も大きなメリットとしては生で授業を受けることが出来るところです。専門の講師による内容の濃い授業で学ぶことができ、疑問点があればすぐに尋ねることができます。
そのため、自分の中で疑問点を抱え込まずにすぐに解決することができます。つまり、時間を有効に使いながら社労士の資格取得のための勉強をすることができます。… Read more